« 麻生 | トップページ | たち方 »

突き・姿勢

空手の姿勢は、基本は半身(はんみ) そうすることで相手が攻撃できる面積が減るため
利き足の反対側の足を出して、ひざは伸びていない状態 そうすることで次の行動がとれる
手は左手で顔をガード、右手でおなかをガード こぶしを握る場合もあれば手を開いている場合もある

正拳突き
ボクシングのストレートと同じように人工的な動き
人を殴るときはたいてい腕を大きく振って殴る。これが自然な動き
正拳突きは、まず拳を下向きにして帯と胸の中間あたりの位置にひじを後方に引き構える
そこから直線的に前方に突く
突くときの最後のところでひねる(コークスクリューパンチみたい)
ひねる理由は当たっときの力が増すため
力は当たるときに最大となるように入れる
力を入れっぱなしだとスピードが出ない
拳が飛んでいくようにしてあたったところでひねってマックスの力を出す=極め
その後力を抜く=冴え
対象となるところより向こうにめがけて突く

そんな感じ

|

« 麻生 | トップページ | たち方 »

型・技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/44279546

この記事へのトラックバック一覧です: 突き・姿勢:

« 麻生 | トップページ | たち方 »