« 誰にも | トップページ | 麻生 »

本部稽古

型中心の稽古でした

ピンアン初段の最初の動作の稽古
外横手に上げ手を何度も繰り返しました
外横手は上段受けとする
何度やっても同じ形になるように反復練習
ピンアン4段とまぜこぜになり、外横手は手の甲を相手に見せるような向きなのですが、どうしても
ピンアン4段の手のひらの向き(手の甲が横を向く)になります・・・正しくは手の甲を相手に見せる
また横手と上げ手の間から目線が前に見えるようにすきまを明けること

これまで稽古での前屈立ちは基本的に、大前屈でした
これは足腰の鍛錬と加えて、歩幅をしっかり体に覚えさせるためです
本部の指導で大前屈をがんばっていると「もう5cm,もう10cm広げて」の声をよくかけていただきます

さて、ついに本部で通常の前屈立ちを教えていただきました!(ちょっと大げさか・・・)
前屈立ちは、後ろのひざを曲げて地面についたところに前足がくる程度、それ以上ひらくと大前屈となる
この前屈立ちをどの方向でやっても、同じ歩幅になるように反復練習。難しい
やはり大前屈で自分の歩幅をしっかりと覚えこませるのが基本となります

最後に連鎖組み手(えんぴ 裏拳 縛り)でした
えんぴ 裏拳しか使えないとなかなかバリエーションがなく・・・難しい

|

« 誰にも | トップページ | 麻生 »

稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/44748117

この記事へのトラックバック一覧です: 本部稽古:

« 誰にも | トップページ | 麻生 »