« 土曜麻生 日曜当別 | トップページ | 火曜稽古 »

教えるということ

このブログの上にあります、ブログ村の空手ブログ
なんでか、このサイトが17位まで上がってます・・・・
ありがたいです、、、けどなじぇ?(笑

あとは転落の?ブログになりそうなので(汗
これを記念して?昼休みですが書き込みます

仕事でも空手の稽古でも同じなのですが、教えるということで大変勉強になってます
職場ではマク○ナルド店長のようなジョブもこなして管理もやっております
職員の管理や指導をするのが大変ですね
直下で管理していた職員が心の病で倒れて(いま復帰中で、だいぶよくなってほっとしております)ずいぶんと私も沈んでいました。(誰にもその気持ちが伝えられない)
そのときまでの指導がほんとによかったのか。

いま通っている空手道場は、どちらかというと子どもを中心に育成していく道場です
大人はどちらかというと将来の指導員に向けて入っている方が結構多いかな
私は転勤族なので躊躇しておりますが・・・もうじき緑帯なので心づもり腹をくくる時期ではありますが
そこでの若い先生方の教え方が勉強になります
言うことをきかせるには、厳しくやる先生、やさしくやる先生、その子どもの反応
空手で考えると一長一短があるように思います
私の道場の先生はどちらかというと後者です。子ども達もそれに付いてきており、良い感じで育っています
厳しすぎると今度はやめちゃったりするから微妙なバランスが大切なんでしょうね。
一方、若い先生方は、やさしく指導されます。これも子ども達がのびのびと育っている感じです
ただ、甘えすぎて、だらけたり、自己管理がなさそうな子どもは逆に長続きしないし、道場の雰囲気がよくなくなるかもしれませんね
いずれの指導にせよ、みなさんすばらしくバランス良くされており、いつもためになるなぁと感じております

指導するときに、怒っていないか、ちゃんとしかっているか
良かったところをちゃんと褒めているか

なかなか難しいです

職場にあてはめると、管理する人たちは立派な大人です
子ども扱いはどうかと思いますが、同じぐらいの世代ですから、当然頭にきたりします
これをぐっとこらえて、きちんと指導する力が管理する側には重要なんですよね

頭では分かってますが行動は・・・結構難しいです

そういう私も多少道場でミットもったり、型の稽古で中心になってやりはじめてますが・・・
緊張してあせをかく^^;
声もへっぴりで大きくないなぁ
子どもには敬語なのかため口なのか、悩んだり
これは、こうした方が良い、って気がついたときに、言った方がいいのか、気持ちよくそのままさせるのが良いのか
慣れかもしれませんが

いやはや、難しいもんです


拍手する

|

« 土曜麻生 日曜当別 | トップページ | 火曜稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/44988355

この記事へのトラックバック一覧です: 教えるということ:

« 土曜麻生 日曜当別 | トップページ | 火曜稽古 »