« 第6回住吉塾交流空手道大会 | トップページ | 火曜本部 新しい風 »

大会談

型試合
日頃の稽古の成果ということで久しぶりの防具
いつもの仲間との対戦ですが、やはり朝から緊張しっぱなし

今回は、なるべく前に出ようと心がけました
また、2分間のため、最初からある程度勢い良くいきました
ビデオを帰ってみましたが、ぐたぐた感は否めません(苦笑
もうちょっと姿勢よくきれいに戦いたいです。。。
またガードが結構下がっています。日頃からガードに気をつけないと

面をかぶって相手が見づらいと思われるかもしれませんが、意外と相手の目も見えますし表情もわかります。なんというか、その時はぜぇぜぇ言ってますが、意外に楽しく?お互い笑っているのが分かります(笑

初戦では、バックアンドブローがばんばんきてましたが、運良くそこに居なかったため、難を逃れました。すばやい技です。。。
2戦目では、相手のローキックがもろに決まったようで。。。みなさんに、あの時のローキック大丈夫ですか?ときかれました。が、当の本人および対戦相手は、防具組み手でポイントにならないためか印象がなく、お互い、ありましたっけ?という始末です。私はというと、ローキック大丈夫でしたか?と聞かれて、あ、そういえば痛いかも、あ、痛い、って感じで気が付きました。試合は緊張していて痛みを感じないものですねぇ。切り傷なんかもだいたい終わってから、つーっと血が垂れて気が付きますよね(苦笑)
ビデオを見たら、ばっちりローキック決められてました! すぐに冷やしたため大丈夫ですが、もう1発くらったら(今の段階でも)ノックアウトかも・・・です

今回きめようと思った技も、やってみましたが空振りで、まだまだまだまだ練習が足りないなぁというのが実感でした。

型については、息子と同じ型をうつことにしました。同じ型で結果がどうなるかを見てもらいたく。選択した型は、ピンアン初段に体裁き2段。ピンアン初段は清心流ではだんだんと難しい型としてとられるようになり、ピンアンの中では難易度の高い型になっております。極めるのは最も難しいかも。体裁き2段は、息子が覚えていないためにこれを機に覚えてもらおうと選択しました。
実際型試合は、左足を曲げるのが結構つらくて、ひやひやものの演武でしたが、緊張することで痛みを忘れ(笑)なんとかこなすことができました。もう少し前屈を深く、めりはりを付けていきたいです。完成度はまだまだ。いつか人を感動させる型を打ってみたいです。

とりあえず。。。。今回も十分満喫できました。

|

« 第6回住吉塾交流空手道大会 | トップページ | 火曜本部 新しい風 »

稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/48746564

この記事へのトラックバック一覧です: 大会談:

« 第6回住吉塾交流空手道大会 | トップページ | 火曜本部 新しい風 »