« 火曜本部 蒸し暑さ 暑気払い | トップページ | サンピアザ夏祭り演武大会2010 »

宮の沢 麻生 審査会

本日は昇級審査

宮の沢は行くようになり2回目ですが、審査に立ちあわせていただきました
審査側につくのは初めて。やはり稽古の経過がわからないと、判断は難しいです。
練習をやってるなという子と、やってないかもなっていうのは、わかりそうですが、どのくらいの努力を今回したかはわかりませんね。
結果を聞いて、次回から何かヒントとなるようなことを教えられればいいなぁと思います。結局自分でやることですから。向上心なくては、身にはならないかもですね。がんばります。とりあえず技の基本となるところをおさらいしたいなぁと感じました。何年もしみついて気にしなかった部分を、少しでも気づいて私と一緒にいいものに仕上がっていけるといいです。

麻生も審査会
最初に指名されピンアン初段から5段を。好きな型をと言われるものとばかり思い、ピンアンも事前に練習しておいたのですが、当初は太極初段と体裁き2段をやろうと思ってました(苦笑)ピンアン初段から、2段ではすでに息が上がり。つづけて5つ演武するのは結構大変です。5段の前には10秒ぐらい空けないとやってられないくらい。そのぐらい型1つ1つにはエネルギーを費やすと思います。少しでも感動してもらえる型に近づければ。ただ今回は、前屈が浅く、前屈の後ろ足や猫足の後ろの足がしっかりと閉まっていない部分があり反省点も多々。

子供たちの昇級試験。うまくいかず泣く子も。前に出ると緊張します。やはり日頃の稽古をぼーっとせずにしっかりと目的意識を持って、審査前には昇級審査の項目を無意識でもできるようにやっておくことが大切ですね。ちなみに私も太極初段、体裁き初段~3段、ピンアン初段~5段は審査会用に復習してました。

スパーリングも行ないました。一般部の昇級審査の相手。あとで聞いたのですが、本を読んで研究していたというヒザがみごとに私にヒットし。そこからまったく息ができず。防戦一方で立っているのがやっと。。やられました。対策を練ります!いろいろ考えて練習して、、、楽しいですね。続くスパーリングは、まともに息をしないで、そのままなんとかこなし。。。とりあえず痛いので、お酒飲んで痛みを忘れます(爆)

今回も良い審査会でした。

一般部では、城川さんと体裁き初段。くるっと向きを変えるところが、この型のミソですし、小西先生があの大東流合気道の植芝盛平先生に認めてもらったという型ですから(他の型を演武した際は、あまり有用性を認めてもらえなかったという話があるようです)、その妙を身につけたいです。私は運動神経ないので、型とおしてやるよりうまく、かっこよく行かない所を何度も繰り返して覚えてたりします。。。。ピンアン初段の最初の動きを暗闇で繰り返していたら、嫁さんに「アヤシい、気でも狂ったのかと思った」と言われたこともあります(爆)型の最初の挙動はもっとも重要な部分なんですよ、、、と言い訳したい(苦笑)

明日はサンピアザ。息子演武、楽しんでもらえたら。

|

« 火曜本部 蒸し暑さ 暑気払い | トップページ | サンピアザ夏祭り演武大会2010 »

稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/49022640

この記事へのトラックバック一覧です: 宮の沢 麻生 審査会:

« 火曜本部 蒸し暑さ 暑気払い | トップページ | サンピアザ夏祭り演武大会2010 »