« 土曜麻生道場 組手 | トップページ | 雨の日の自主練 ジオン »

小説の紹介 妖怪ものと恋愛もの

出張移動時間に手に取った読みやすい小説の紹介です

黒猫に見える雷獣のクロスケ(2冊出てます)と、猫にしかみえない妖狐のオサキ(3冊出てます)、シリーズもの。妖怪とのかけあいがのんびりとして楽しいです。ライトノベルで1冊1時間ぐらい。気軽に読めます

大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり (徳間文庫) [文庫]
高橋 由太 (著)

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫) [文庫]
高橋 由太 (著)

有川浩の図書館戦争が自宅にあるので読もうかと思っていた矢先、出張先の本屋で手に取った1冊。自衛隊が部隊の遠距離恋愛のお話。久しぶりにあま~い恋愛小説を読んでしまった(苦笑) あぁそうか、阪急電車の作者だもんね。読後感よく楽しめました。図書館戦争より先に『海の底』『空の中』読みたくなってしまいました。

クジラの彼 (角川文庫) [文庫]
有川 浩 (著)

|

« 土曜麻生道場 組手 | トップページ | 雨の日の自主練 ジオン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37255/52762177

この記事へのトラックバック一覧です: 小説の紹介 妖怪ものと恋愛もの:

« 土曜麻生道場 組手 | トップページ | 雨の日の自主練 ジオン »