« 麻生道場 体育館は快適です サーキットトレーニング | トップページ | 雪像 »

書籍『しあわせのパン』ほか

なんども手にとってようやく購入し読んでみました
映画の宣伝すればするほど買いたくなくなる、あまのじゃく^^;
しあわせのパン(ポプラ文庫)三島由紀子

心があたたかくなる、やさしい物語でした
パン、ワイン、素朴な料理が食べたくなります

そしてジャンルが大きくかわり
達人 山を下る(中公文庫)室責光

達人の弟子 海を渡る(中公文庫)室責光

80際でありながら、とてつもなく強い達人
その究極の技、これがまた。。。

ちょっと古いですが再読中
百器徒然袋 風 (講談社ノベルス) [新書] 京極夏彦

天下無敵、自分以外は全部、下僕。すべての事件は破壊して終わらせて解決してしまう、容姿端麗、頭もきれて、ケンカもめっぽう強い、薔薇十字探偵の名探偵 榎木津礼二郎が今日も自分のおもむくままに世間を騒がせる・・・爽快です。明治から昭和初期が背景の小説ってなぜか面白く感じます。ふしぎ

コーヒー飲みながら、読書でもいかが?

|

« 麻生道場 体育館は快適です サーキットトレーニング | トップページ | 雪像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書籍『しあわせのパン』ほか:

« 麻生道場 体育館は快適です サーキットトレーニング | トップページ | 雪像 »